前へ
次へ

大学入試に関する情報の提供

平成30年度4月、入学者対象のセンター試験のその志願者数は58万人にも及び、現役志願率も過去最高という教育機関のデータもあります。
ちなみに、私立大学でも利用入試は増えており、平成30年度入試では500校が利用しています。
センター試験後の大学出願に関しては、国・公立大学では自己採点を済ませてから、というのが一般化しています。
片や、私立大学側では、試験前に利用入試の出願を早々と締め切るところまであり、私立を受けるならば出願期間について事前に確認しましょう。
現代っ子の大学入試が当たり前となっていますが、入試の一般的な流れを知っておくことで心構えもできるでしょう。
ちなみに、疾患など、やむを得ない場合に限り、追試験を受けることは可能です。
センター試験は、国語・地理歴史・公民をはじめ、数学・理科・外国語となる6教科30科目が設けられていますが、5教科7科目を課しているのが特徴でしょう。
ちなみに、私立大学がセンター試験利用入試で課しているのは、成績だけで合否判定するために3教科です。
しかし、大学入試方法も多様化していて、センター試験と個別試験の併用判定が一般化しつつあります。

Page Top