前へ
次へ

大学入試の一般推薦とは、どの様な内容なのか

大学入試には、高校生の推薦の様に、推薦によって大学に進学する事が可能です。
大学入試の推薦は、公募制と指定校制があり、公立の大学においては、公平性から公募制を採用しています。
指定校制は、指定の高校からしか推薦は受けない制度です。
ただし、現在の大学の中には、人が集まりにくい大学もあり、私立大学の多くは、公募制と指定校制を両方実施している大学も数多くあります。
大学のほとんどは、推薦枠に人数を設けている場合もあり、推薦を受ける人は、他の大学をも受ける併願は、不可能であり、専願でなければなりません。
ただし、私立大学の中には、人が集まらない場所もあり、その様な大学では推薦でありながら併願を認めている大学もあります。
私立大学の大学入試の推薦の多くは、面接と小論文、人としての評価で合否が判断されます。
公立の大学においては、センター試験を課している所がほとんどです。
公立の推薦の場合は、贈賄などの不正入学を防ぐ目的、信頼性を示す目的としてセンター試験での実力の評価を必要としています。

Page Top