前へ
次へ

大学入試に成功したいならば

大学入試に成功したいのならば、通学する高校は公立高校ではなく、私立高校を選択する事をお勧めします。
ゆとり教育以降、公立高校も学習量に関して改善されていますが、やはり私立高校に比べるとまだまだ差がかなり生じています。
私立高校は基本的に土曜日も通常授業を実施しています。
毎月4時限×4日×12月×3年、単純にこれだけの授業量の差が生じています。
この差を公立高校に通う一般の学生が埋めるのには並大抵の努力ではかないません。
又、私立高校では学校のランキングを上位に上げる為に進学率を上げることに注力しています。
その為には優秀な先生の囲い込みや、大手の塾とのタイアップなども行っています。
私立高校では大学入試に生徒が勝ち抜く為のノウハウを十二分に持ち合わせています。
私立高校に通えば通常授業はもちろん、基本的には塾に通わずとも大学入試対策をきちんと受ける事ができます。
大学入試において成功を掴み取りたいならば、通う公立高校や私立高校などの、高校の選択も非常に重要となります。

Page Top